里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Entries

コナラ、クヌギの萌芽更新

 萌芽更新のその後様子を掲載します。
樹齢50年を過ぎた木は、切り株のひこばえではなく
 根から生えたひこばえを育てた方が良いようです。
 ナツハゼの奥、中央にある2本立ちのコナラの木。
 丸9年。樹高12m、二股のところで2本とも18㎝。
 成長が思っていたより早い。
 2016-11根萌芽 (320x240)
2012年1月7日に掲載した5年生の樹形が思わしくなかった
  クヌギを萌芽更新木。
  5年後の姿を掲載します。
伐採したクヌギ、2本。
 2012-1 (320x240)
伐採後丸5年たったクヌギ、2本共2本立ちに、樹高5m。
 2016-11-2萌芽更新 (320x240)
林縁のコナラ、丸9年木を伐採。 林縁の木は道路側に
  傾いてしまうので、10年で萌芽更新することにしました。
  径16センチ。
  この木(コナラ)は日当たりの良い場所にあるので、ひこばえ
  の様子などを掲載して行きます。
 2016-11切り株 (320x240)
年輪の観察。
  9年木の年輪。日差しが良く当たる南側の成長が早い。
  今年は気候の影響だろうか、南側で2㎝、北側で1㎝成長
  した
 2016-11切り口 (320x240)



   



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード