FC2ブログ

里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



再生地の間伐。  コバギボウシ数箇所に群生。

コナラ、クヌギの再生地の手入れが一番きつい夏に入り、
比較的楽な間伐を、今やっています。
7年目に入った再生地のコナラ実生木は、7m程に成長し、
毎年間伐をしているものの、木漏れ日状態を確保出来ない環境
になってしまっています。
そのため植生にも大きな変化をもたらしてきました。
陽草のすみれ、ニガナ、コバギボウシ、オオジバリなどの植物
は姿を消し、代わりにヤマジノホトトギス、オオバギボウシなどが
増えて来ました。
あまりにも、環境の変化に敏感なので驚いています。
ヤマジノホトトギスの群生地はイトトンボには棲み心地の良い
  環境のようです。
  生き物によって生きやすい環境は違うようですね。  

今年の間伐前のコナラの林。
2014-6コナラ再生地 (320x240)

間伐材で作った薪。
 8~10㎝に成長しているので薪として十分利用できます。
2014-8コナラ皆伐 (320x240)
イトトンボ。
2012-8イトトンボ (320x240)

コバギボウシ。
2014-8-3コバギボウシ (320x240)

2014-8-2 コバギボウシ(320x240)

2014-8コバギボウシ (320x240)

タマゴタケ(径14,5㎝)。
  見た目は毒茸のようですが、食用茸です。
  しこしこして美味しい茸ですよ。
2014-7タマゴタケ (320x240)

ナガコガネグモ。
 X字型隠れ帯があるクモの巣を始めてみました。
2014-8クモ (320x240)
 


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。