里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Entries

減災の為にもなる里山(平地林)再生。ナツハゼの実でジャムづくり。

 今年は樹木の被害が多く報道されました。
 樹木にも寿命がある事を踏まえ、検討しなければ
 時期にけているのではないかと思われます。
 同じ樹木でも生きられる年数は違ってきます。
 成育環境によって寿命が変わってしまうと言う
 事もあるでしょう。
 それぞれの木々をよく観察し、早めの対応を
 とる事で樹木による人的被害を無くさないと
 樹木が悪者扱いになっては大変です。
 緑を失う事は、文明の自滅に繋がっていくのでは
 ないでしょうか。
 その為にも、出来るだけ早く里山(平地林)を
 健全な森に再生する必要性を感じます。
 6年目の再生地は被害はまったくありませでしたが
 森の果たす役割は多岐にわたるので、出来る限り
 発信出来たらと思っています。
 ◎6年目の再生地。
 2013-10再生地 (320x240)
 山の恵み、ナツハゼの実のジャムづくり。
 6年目でようやくジャムをつくるだけの量を収穫できました。
 350g収穫できました。
 2013-10ナツハゼの実 (320x240)
 出来上がったジャム。
  程よい酸味のある、美味しいジャムが出来上がりました。
  作り方
  材料  ナツハゼの実 350g
      砂糖     150g (砂糖は4割~5割 好みで)
  作り方 ・灰汁が少しあるので、煮詰めて灰汁をとる
      ・灰汁を取ったナツハゼをミキサーで砕く(少量の水を加える)
      ・砕いたナツハゼと砂糖、煮汁を少し加えて
       弱火でゆっくり煮詰める。時々火を止めながら
       水分を飛ばし切ったら出来上がり。
 2013-10ナツハゼのジャム (320x240)
マユミの実
 マユミの木は10本程に増えてきました。
 実を付けるのは、5本程ですが、コゲラの好物の実なので、
 今年もコゲラとの出会いが楽しみです。
 2013-10マユミの実 (320x240)
ウメモドキ。
 2013-10ウメモドキ (320x240)
 ◎ヒメグルミ。
 実生6年目で初めて実をつけました。
 オニグルミは丸い形をしていますが
 ヒメグルミはハートの形をしています。
 2013-10ヒメグルミ (320x240)

 

 
 
 


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード