里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Archive [2013年10月 ] 記事一覧

減災の為にもなる里山(平地林)再生。ナツハゼの実でジャムづくり。

 今年は樹木の被害が多く報道されました。 樹木にも寿命がある事を踏まえ、検討しなければ 時期にけているのではないかと思われます。 同じ樹木でも生きられる年数は違ってきます。 成育環境によって寿命が変わってしまうと言う 事もあるでしょう。 それぞれの木々をよく観察し、早めの対応を とる事で樹木による人的被害を無くさないと 樹木が悪者扱いになっては大変です。 緑を失う事は、文明の自滅に繋がっていくので...

ナギナタコウジュ咲き出す

 ナギナタコウジュは陽草なので、伐採跡地にすき込んだ 落葉に、ナギナタコウジュ種が多く含まれていたようで、 群生地が一箇所増えました。 ◎ナギナタコウジュ。シソ科ナギナタコウジュ属(薬草)。  ◎群生しているナギナタコウジュ。  ◎枯れてしまったガマズミ。 ガマズミは陽樹なので、コナラに日差しを遮られた為に 枯れてしまいました。 実生から生えたガマズミでしたので、そのままにしておいた のですが、早め...

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード