里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Archive [2012年04月 ] 記事一覧

待ちに待った、芽吹きの季節がやって来ました!

 里山にも、春の足音が聞こえて来ました。 ◎コナラの芽吹き。コナラ実生5年目、樹高4~5m。 下草は、多くの山野草で覆われてきているので、タケニグサなどの 除去に気を使いながらの作業ですが、群生する山野草楽しみに、 心地よい汗を流しながら、癒される空間づくりに取り組んでいます。   ◎シマヘビも活発に動き始めました。 ...

しどみの生育状況

2009年に林内に生えてきたしどみ。その年狂い咲きした木ですが、今年(2012年)は30本にまで増えました。 地下径でつながっていると思われますが、コナラ、クヌギなどの落葉広葉樹の雑木林の臨床には、十分光届くので、ここまでになったのだと考えられます。陽樹である、しどみの生育状況は、雑木林の健全性の指標の一つになっていると思います。◎2009年に芽生えた一本のしどみ。 ◎2012年4月、30本に増え、花もここまで咲いたの...

次々と咲く山野草

春の訪れを待ちかねたように咲き出した山野草。◎タチツボスミレ。今年は群生地がばらけてしまいました。 株数は増えています。 すみれだけで十種類程になりました。 ◎フモトスミレ ◎マルバスミレ ◎イカリソウ ◎なずな(ぺんぺん草)。春の七草の一種。 ◎たんぽぽ。 左側は在来種の総苞、右側は雑種の総苞(カントウタンポポとセイヨウタンポポ)。  ...

春本番、里山の動植物も元気に活動始める。

◎春の訪れを待っていた山野草が、次々と咲き始めました。 シュンラン、カタクリ、ショウジョウバカマ、スミレ、イカリソウ、キランソウ などが咲き出しました。 シマヘビ、アマガエル、蝶などにも出会えるようになり、 里山もにぎやかになって来ました。 ◎シュンラン  ◎カタクリ、今年咲いたのは二株ですが、手入れによって自生したものなので 貴重な花だと思っています。 ◎ヒゴスミレ ◎コナラの朽木で越冬していたコク...

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード