里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Archive [2012年03月 ] 記事一覧

栃木県宇都宮市郊外海道樹地、里山再生の小冊子作成

◎活動初めて6年、今までの経過ををまとめた小冊子を作成しました。 「(財)グリーントラストうつのみや会員」への配布と、小学校の環境学習に 利用して頂こうとお願いしているところです。 現地での環境学習でも、積極的に使っていく予定です。 ◎落ち葉の下には、タチツボスミレが春の訪れを待っています。 スミレは、毎年少しずつ移動しながら咲き続けます。 手前は去年咲いたところ、奥の方は今年咲くタチツボスミレ。 4...

今年の雪景色。 枯れたコナラの木の中で越冬する昆虫。

◎今年2度目の雪景色。 奥の枯れ葉が付いている木は、クヌギの木。 ◎枯れたコナラに棲みつく昆虫。 ルリゴミムシダマシ。  ◎ヨコズナサシガメ。幼虫で越冬。 外来種。 ※コナラなどの落葉広葉樹は、生育環境が悪化すると、木の免疫力 が落ち、昆虫などが入り込み易くなり、枯れてしまう事になりかねない。 外来種も入り込んで来ているので、深刻な問題になりそうだ。 解決策としては、木の若返りはかると同時に、生育環境...

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード