里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Archive [2011年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

今年の手入れが終わった再生地

 今年の間引きと枝打ち、下刈り(手刈り)を終わりました。 毎年、生物の種類とその数増え続けているので、 来年の期待も膨らみます。赤い実はマムシグサの実です。  ◎ガマズミ、ウメモドキ、マユミ,紫式部、コムラサキ、南天、 万両、ヤブコウジュ、ナツハゼなどの実が雑木林に彩りを添えています。  ◎今保護色の衣に変えてイナゴ、アマガエルが跳ね回っています。 ...

命をつなぐ逞しい昆虫。 今年最後に開花した山野草

厳しい環境でも、逞しく命を繋ぐ昆虫を探ってみました。◎カブトムシの幼虫は、腐葉土の中か、コナラ、クヌギの朽木の下で育っているものと思っていましたが、殆ど虫の寄り付かないアカシデの朽木の中に、多くの幼虫が棲んでいたのには驚きました。 ◎コナラの朽木の中に棲んでいたコクワガタの幼虫。成虫も越冬してました。 ◎交尾の後雌に下半身を食べられたの?カマキリの雄。まだ生きていました。 ◎まもなく、短い一生を終えよ...

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。