里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Archive [2011年06月 ] 記事一覧

イヌブナ、ミズナラ、クヌギ、コナラ植樹

ブナの木は、緑のダムの保水力の主木であり、実は熊などの餌になっている、日本の森には無くてはならない木です。 しかし温暖化の影響でその生育範囲は狭められているのが現状です。 そこでブナよりも低地(標高6~800m)で生育しているイヌブナが、ブナの変わりにならないかと考えています。 まずは里山で育てながら観察して見ることにします。◎会員が実から鉢で、5年育てたイヌブナです。樹高1.2m。幹の太さ2㎝。 ◎牛乳ポッ...

スズメバチ捕獲に効果的な黒砂糖。再生樹林地に多くの生き物が。

◎2011.05/17に掲載したペットボトルによるスズメ蜂捕獲器でお酒に黒砂糖と蜂蜜を入れ、砂糖が溶けるまでかるく煮詰めた後、酢を少し加えたものを紹介しましたが、思ったより良く捕獲できました。年を追って増えているようですので、スズメ蜂をよく見かけるようでしたら捕獲器のセットをお勧めします。今回4箇所に設置して9匹捕獲しました。 ◎イトトンボ ◎カミキリムシ ◎バッタ ◎アカガエル。アマガエルも多く棲んでいます。...

例年より早いカブトムシの羽化。 ウツギの花咲き出す。

◎例年カブトムシの羽化は6/下旬~7/上旬頃ですが、今日カブトムシの雌の成虫が、コナラの木に止まっているのを見つけました。 こんなに早い時期に見たのは初めてです。 ◎椎茸は春と秋2度収穫出来ますが、今年は4月、5月に続き6月8日にも収穫出来ました。この事をどう理解したら良いのだろうか  ◎ウツギ(ユキノシタ科)の花 ウツギの木は、今でも桐箪笥の木釘として使われています。作り方は木釘で検索して下さい。 ◎...

コナラ実生苗4年目の間引き、枝打ち。益子焼の登り窯、復興へ向けて!

4年目に入ったコナラの実生苗、間引きと枝打ちを始めました。◎間引き前 ◎間引き後。今年の秋には4~5mにまで成長すると思われます。下の森では、コバギボウシ、オオバギボウシ、ヤマジノホトトギス、オトコエシなどが花を咲かせる準備をしています。 ◎コクワガタ ◎エビネ開花。 ◎東日本大震災で、益子に有る40基程の登り窯の殆どが被災しましたが、復旧に向けて着実に歩み始めていました。一日でも早く、元の様な活気あ...

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード