里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Archive [2011年04月 ] 記事一覧

チゴユリの花と実。咲き誇る山吹。

◎白い可憐な花を付けるチゴユリ。 ◎チゴユリの実 ◎4年目にして、ようやく眩しい程の輝きを見せてくれた山吹。  ◎アカガエルやアマガエルも活発に動き出しました。 ...

コナラの芽吹き

ようやく、コナラ、クヌギの芽吹きの季節がやって来ました。◎実生4年目の春を迎えた落葉広葉樹のコナラ、クヌギ。この成長過程から見てコナラ、クヌギが陽樹である事がよく分かります。3~4mに成長。  ◎今年一押しのタチツボスミレ ◎フモトスミレ ◎ヒゴスミレ ◎ツボスミレ(今年初めて咲く) ◎追記ー6年目の新緑。樹高5~6m。 ◎7年目の芽吹き。樹高7~8m。 中央のヤマツツジが目立つような大きさになってきまし...

コナラ、クヌギの芽吹き直前の草木の花を楽しもう!

コナラ、クヌギなどの広葉落葉樹の芽吹き前に咲く花を、新緑の前に楽しもう。◎イカリソウ  ◎ヘビイチゴ ◎キランソウ(別名ジゴクノカマノフター薬草) ◎ヒュウガミズキ(マンサク科トサミズキ属)日本海側のごく限られた地域に自生している木とのこと。なぜ宇都宮のこの地に生えてきたのか不明。 おそらく園芸種が入り込んで来たのだろう。 ◎シドミ(クサボケ)2009年に自生したシドミ、今年は18本にまで増えて来ました。こ...

木々も芽吹き始め、山野草も次々咲き始めました。

木々と、山野草との自然の造形美を楽しめる春が、ようやくやって来ました。季節感を身近に感じられる草花が少なくなって来ている昨今、里山に少しでも多くの山野草を次世代の方々の為にも残していきましょう。◎ショウジョウバカマ。 冬も葉は枯れないので、鹿などの冬の食べ物になっています。 ◎可憐な花ーヒトリシズカ ◎ようやく海道樹林地に戻ってきたカタクリ ◎タチツボスミレとヘビイチゴの花ーこの場所はタチツボスミレが...

里山にもようやく春の訪れ!

2011年3月11日に発生した東日本大震災により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に、心よりお悔やみ申し上げます。皆様の安全と、一日も早い復旧を、心からお祈りしております。◎シュンランが一回り大きく成長しました。 ◎群生地 ◎フキ。 ...

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード