里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Archive [2010年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

2010-11 定点観察。 今年の狂い咲き。

今年は寒暖の差が少なかった影響で、例年に比べ紅葉はいまいちのようです。◎南西より。 コナラの直播苗3年生が多い所、一日中日が差す場なので3~4mに成長しています。手前の黄色に色付いている木は山吹です。 ◎北西より。コナラの直播苗の多い所 。ここも一日中日が差す場所なので、3~4mに成長してます。手前右側の緑のきは高野マキです。   ◎北東より。 クヌギのホット苗の多い所(5年生)。 日照時間少ないので成長が...

異常気象の影響なのか? マンサク開花と、ナラタケ2度目の大量発生

マンサクの花は、毎年2~3月頃の、寒さの厳しい時期に咲く花と認識していました。 ところが3年前に植樹した6~7年生のマンサクが、11月中旬に開花したのには驚きました。 狂い咲きにしては、花の数が多いように思うのですが、皆さんはこの花の付き具合を見てどう思いますか。 ◎10月に大量発生したナラタケが、11月26日にまた大量に収穫できました。 まだ採れそうです。  ◎今年初めて実を付けたマユミ。  ...

コナラ、クヌギ、ミズナラなどの落葉広葉樹を育てるには

コナラ、クヌギ、ミズナラなどの落葉広葉樹は、日差しが十分差し込む様にした場所。特に午前中の日差しが、差し込む場所では成長は早い。◎午後の日差し日差しで育ったミズナラ。育ちが悪いだけでなく、樹形も悪い。その上、樹勢が弱い為にシンクイムシが入りやすくなる。牛乳ポットで2年、植樹して3年そだてたもの。 ◎同じくコナラ。 ◎シンクイムシに入り込まれたクヌギ。二股の所から入り込んでいる。 ◎シンクイムシが入り込ん...

晩秋の里山

里山の木々にも、ようやく紅葉の季節がやってきました。◎実生苗5年生のカエデ ◎今年初めて咲いたキツリフネソウ、センブリに続いてリンドウが咲き出しました。 ◎からすうりの実 ◎からすうりの種。仏様に見えないです? ◎伐採したコナラの切り株に、椎茸の駒菌を打ち込んで出てきた椎茸  ...

篠竹を押さえ込む力、かばギボウシより強いヘビイチゴ。センブリ復活。

篠ダケを押さえ込むコバギボウシについては、7月5日に掲載しましたが、ヘビイチゴは、コバギボウシよりも更に押さえ込む力は強いようです。 下刈りで厄介なキイチゴ、タケ二グサなども押さえてくれます。◎下刈りを楽にしてくれるヘビイチゴ。 ◎センブリ。最近見かけなくなった可憐な花センブリ、久しぶりにみかけたので感動 センブリはリンドウ科、胃腸を整える効果が高い健胃剤として有名。その為殆ど採られてしまった。 ◎ム...

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。