里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Archive [2009年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

木登りして日向ぼっこしているアオダイショウ、高みの見物?しているアマガエル

マンサクの木に登り、日向ぼっこしているアオダイショウ。ヘビは木登り上手ウツギの木の上で脱皮したアオダイショウ大きくなったコナラの木に登り、のんびり高見の見物をしているアマガエル...

昆虫採集が出来るまでにと、 ヤマジノホトトギスが満開に

今年は再生樹林地内で、昆虫採集が出来るまでにバッタ、コオロギなどの昆虫が回復してきました。そこで今日8月15日、海道小1年生による昆虫採集を、実施して貰いました。ヤマジノホトトギスが今年は1千本以上に増え、今満開になっています。萩は満開を少し過ぎてしまいました。...

再生地の定点観察を始めることにしました

ブログを始めて2年目に入りました。そこで、この一年を振り返ってみると、再生地の変化が思っていた以上だったので、自然の凄さに驚いているところです。 そこで2009年9月からは、コナラ、クヌギ(落葉樹)の成長記録を、定点観察で実施する事にしました。 観測点は4箇所、回数は年4回(春、夏、秋、冬)。皆伐再生地は1.6ha。 再生地南西地より、一番手前のコナラは、実生(ドングリ)苗で、2年ものです。1.5...

左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。