里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

All Titlelist [全記事一覧]

落葉広葉樹の森、皆伐再生10年の歩み!

 2回目は野草編です。 最初はスミレー1

落葉広葉樹の森、皆伐再生10年の歩み!

欧州人が絶賛した里山、何がどう素晴らしく

里山の春を告げる「ネコヤナギ開花」

まもなく里山に芽吹きの季節がやって来ます

冬のオアシス

明けましておめでとうございます。今年は、

里山も冬支度ー色づく晩秋のコナラ、キジ初来訪。

今年も早や一か月足らずとなりました。紅葉

コナラ、クヌギの萌芽更新

 萌芽更新のその後様子を掲載します。◎樹

植生の遷移

森林では、長い時間をかけて植生の遷移が行

猛暑で感じる、樹木の大切さ

今日(9日)は、全国で今年一番の暑さにな

9年目に入った皆伐再生地の雑木林に大きな変化が!

9年目に入った再生地の樹高が10m程にな

クヌギ、コナラの枝打ち

 クヌギ、コナラの枝打ちを早めに行う事で

冬の観察(シマヘビの冬眠とアブラムシの越冬)

 今、平地林の皆伐再生を進めているところ

あまりの暖かさで、冬眠から覚めたアカガエルと冬芽の観察。

 20度を超えた今日、樹林地内ではアカガ

雑木林の植生を豊かにする野鳥

 再生した雑木林には多くの野鳥がくるよう

今年、一万本のヤマジノホトトギスが花を付けた。

今までは、日差しが強すぎたのか、立ち枯れ

樹木の成長による山野草の遷移

樹木の成長に伴って、山野草の種類が変わっ

神秘的な夏のキノコ、タマゴタケ。

このキノコ本当に食べられるの、と多くの人

野鳥たちが運んできた種で育った木々。

コナラ、クヌギ,エノキ、エゴノキなどの雑

さわやかな新緑の林を楽しもう。

新緑の木々にも花が咲き乱れ、癒しの空間を

クヌギ、コナラの芽吹き

ようやく、クヌギ、コナラの芽吹きの季節到

原生林での植生調査でカモシカに出会う

安戸山の中腹にある原生林に、山野草を見に

里山に芽吹き、芽生えの季節がやって来ました

皆伐再生地の雑木林に訪れたさわやかな春の

コナラの樹液。シュンラン、コスミレ咲き出す。

 コナラの樹液にはカブトムシ、クワガタ、

春本番前のクヌギの枝打ち、春を告げるネコヤナギ。

 クヌギの枝打ちは早めの方が樹皮の巻き込

落葉さらいを終え、春本番待つ平地林

落葉広葉樹の成長、年ごとに増える山野草を

コナラ(大木)の萌芽更新は根萌芽更新で

 コナラの萌芽更新を50年を超えた木で行

冬も楽しめる里山(平地林)づくり

寒い冬は、どうしても家にこもってしまいが

里山も冬支度ー色づく晩秋のコナラ他

紅葉を眺め、鳥のさえずりを聞きながらの林

コナラのドングリをpH別の土壌で育てて見る事に。 その他。

コナラのドングリで土壌のpHが成長にどのよ

コナラ直播3年木にドングリが3つ実る。

再度、コナラのドングリを直播で育ている所

コナラ、クヌギのドングリの中に入っている幼虫の正体。ヤマジノホトトギス咲き出す。

幼虫の正体はコナラシギゾウムシやハイイロ

再生地の間伐。  コバギボウシ数箇所に群生。

コナラ、クヌギの再生地の手入れが一番きつ

平地林を、更に魅力的な所に! 鈴虫を出来るだけ自然に近い環境で飼育。

 皆伐再生した平地林を、更に魅力的な所に

有機野菜づくり。公開でのタマネギ収穫。

 有機野菜の栽培は、虫や雑草との戦いの連

キンラン、ササバギラン咲き出す。

 キンランは、7年前3本でした。ようやく

クヌギの芽吹き

 クヌギはコナラより10日程芽吹きは遅い

里山(平地林)保全は、樹木の若返りから。

 里山(平地林)の木々は今、眠りから覚め

日ごとに活気づく里山を楽しもう!

 里山では野生種の山桜、霞桜が咲き出しま

春本番! 山野草や木々が咲き出す。

春の到来を待ちわびていた山野草や木々が次

スミレ咲き出す。

 昨年より一週間遅れでスミレが咲き出しま

自然と接している時、先憂感は禁物を実感!

先日、7年前に伐採して積み重ねて置いたア

縁起物の草木

遅くなってしまいましたが、海道樹林地にあ

天蚕が木の枝にぶら下がっている様子

今年もあと二日になってしまいました。最後

今年一年を振り返って

 平地林の減少に歯止めが掛からない理由と

コナラ林の紅葉。 根の観察をしながらコナラの苗づくり。

 再生地のコナラ、クヌギ林は台風26号の

2013年度コナラ、クヌギ、ヤマグリ‐直播での成長記録。

 2013年、新たに直播で育てたコナラ、

玉ねぎ、有機野菜(オーガニック野菜)栽培体験をしてみませんか。

 宇都宮市の(公財)グリーントラストうつ

減災の為にもなる里山(平地林)再生。ナツハゼの実でジャムづくり。

 今年は樹木の被害が多く報道されました。

ナギナタコウジュ咲き出す

 ナギナタコウジュは陽草なので、伐採跡地

定点観察、。 ヤママユガの成虫。

 一年二ヶ月ぶりの定点観察。◎北西部より

ようやく数千本のヤマジノホトトギスが咲くコナラ、クヌギの再生地に!

去年までは、多くのヤマジノホトギスが強い

コバギボウシ咲き出す。

このところの、猛暑というより酷暑の日々で

夏に咲く山野草、その他。

今年の夏は、記録的な猛暑になりそうですね

コナラ、クヌギのドングリ直播での成長記録。

2012年10月に拾ったコナラ、クヌギの

生物多様性に向けて~。

森(林)の健全性を保つには、樹木の多様性

コナラ、クヌギのドングリ直播での成長記録。

 2012年10月に拾ったコナラ、クヌギ

秋の茸ナラタケ、5月に大量発生。

 毎年10月後半から11月に発生していた

キンラン、ササバギンラン咲き出す。

絶滅危惧種Ⅱ類(UV)のキンラン、ササバギ

コナラ、クヌギ再生地ー6年目の新緑。

6年目の新緑の再生地では、蝶が舞い始めま

下の森もにぎやかになってきました。 チゴユリの群生他。

樹林地の草地が山野草で埋め尽くされてきま

待ちに待った、コナラの芽吹き、芽生え季節がようやく到来(コナラ実生苗)。

いよいよ春本番、一年で一番清々しい季節が

落葉広葉樹の芽吹き前に咲いた草木ー2

3月に咲いたスミレは6種類でしたが、4月

落葉広葉樹の芽吹き前に咲いた山野草、他。

今年は、里山でシュンランより早く咲くスミ

里山にも春の足音が!。  冬芽の観察。

◎春が近いことを知らせてくれる花々が、今

冬のクヌギの木。 コナラ、クヌギの間引き。

 クヌギの木は、翌年の芽吹きの時まで、枯

植生の遷移。  野鳥観察会

放置された落葉広葉樹林は、杉、ヒノキ、サ

2013年度、直播苗での里山再生。 ドングリからの森づくり。

昨年、コナラのドングリが豊作でしたので、

コナラ、クヌギの成長速度は、生育環境で決まる。

コナラ、クヌギなどを主木とした雑木林を、

里山も、冬支度。 野鳥観察には最適の季節到来。

今年も、ひと月足らずとなりました。この1

今年も、秋の恵みの茸が豊作なのだが!

今年も、天然の茸ナラタケが大量発生、原木

クヌギの萌芽更新。 クヌギ7年生の成長記録。

今年1月07日に掲載した、樹形と成長が思

ヤマガラの貯食行動、ナギナタコウジュ咲き出す。

 ヤマガラ(スズメ目シジュウカラ科シジュ

今年は、コナラの実が5年ぶりの大豊作なので、苗づくりする事に。

ドングリの豊作の周期は、一定ではないので

9月に咲いた山野草、その他

 ◎ヤブランの花。ユリ科。実は球形で、黒

コナラ更新木からもう一度、森(林)について考えてみよう。

 コナラ、クヌギ、ミズナラ、ブナなどの落

5年目を迎えた、コナラ再生地の成長記録。

◎1年目。 コナラのドングリ直播苗0,8~1

山野草と生物多様性を楽しめる、再生雑木林。

◎コバギボウシの群生地、数箇所に。 ◎オト

今、コナラ、クヌギ再生地に咲いている山野草。

◎増えてきたカサブランカの原種、里山野草

コナラ、クヌギ再生地、5年目の定点観察。

◎コナラ直播苗が多い所。北西より。 樹高

2010年度に仕込んだ、しどみ酒とナツハゼ酒。

◎ようやく、まろやかで美味しい、しどみ酒

今年も、ペットボトルで蜂捕獲

◎今年はブランデーに砂糖、蜂蜜、酢を少し

コナラ、グヌギのひこばえ―萌芽更新。 ウスバシロチョウ。

◎コナラ50年木のひこばえ。 伐採した、コ

木登り上手なアオダイショウ。 草木の花。

 ◎実生5年目のコナラの木に登っているア

金環日食時の木漏れ日。 シオカラトンボ。

◎幻想的な,金環日食時の木漏れ日を、観察す

山野草の果たす役割について

手入れの行き届かなくなった里山から、山野

心安まる風景、新緑の自然美を楽しもう!

私達の想像を遥かに超える、植生の広がりを

待ちに待った、芽吹きの季節がやって来ました!

 里山にも、春の足音が聞こえて来ました。

しどみの生育状況

2009年に林内に生えてきたしどみ。その年狂

次々と咲く山野草

春の訪れを待ちかねたように咲き出した山野

春本番、里山の動植物も元気に活動始める。

◎春の訪れを待っていた山野草が、次々と咲

栃木県宇都宮市郊外海道樹地、里山再生の小冊子作成

◎活動初めて6年、今までの経過ををまとめた

今年の雪景色。 枯れたコナラの木の中で越冬する昆虫。

◎今年2度目の雪景色。 奥の枯れ葉が付い

倒木などの中で越冬している虫。 寒風にめげず咲くロウバイの花。

◎ユミアシゴミムシダマシ。立ち枯れしたコ

コナラの立ち枯れ。 虫たちの越冬。

コナラの木が、ヒノキ、サワラの針葉樹に日

2012年度の活動方針―「フォレスター活動」を更に充実したものにする

単なる里山再生を目指すだけでは、長い期間

冬支度を済ませた再生地。成虫で越冬するルリタテハ。

日々、新たな出会いを楽しめ、四季の移ろい

秋の深まりを感じる里山(コナラ実生苗4年生)

◎里山の紅葉も、年々遅くなって来ている感

今年の手入れが終わった再生地

 今年の間引きと枝打ち、下刈り(手刈り)

命をつなぐ逞しい昆虫。 今年最後に開花した山野草

厳しい環境でも、逞しく命を繋ぐ昆虫を探っ

今年の秋の恵み

今年も、天然の茸ナラタケが大量発生、原木

秘められた里山の美と可能性(ナギナタコウジュ群生)

里山を皆伐再生して4年目、今まで数十本し

定点観察

 ◎北西より。コナラ実生苗(4年生)の多

昆虫観察会とヤマジノホトギス開花したのだが!

今年も昆虫観察会を開催しました。何時もの

2011.5/26掲載のクヌギ、ミズナラ萌芽更新の成長記録

◎クヌギを2本立てで育てようとしたのです

再生地の美的管理

雑木林の再生で、ただ樹木の若返りだけでは

陽樹木コナラの実生苗の成長記録

コナラは太陽の光をたっぷり浴びる事で、し

雑木林で山野草を観賞しながらクールシェアを!

コバギボウシが、去年より一週間遅れでよう

里山の女王山百合-今年も存在感を!

◎カサブランカの原種でもある山百合、目立

木漏れ日を好むオオバギボウシ、生物多様性の為の多様な環境。

再生樹林地の木々も4~5mまで育ち、オオバ

コナラ、クヌギ、ミズナラの成長記録

 皆伐再生4年目の成長記録です。◎樹齢50

イヌブナ、ミズナラ、クヌギ、コナラ植樹

ブナの木は、緑のダムの保水力の主木であり

スズメバチ捕獲に効果的な黒砂糖。再生樹林地に多くの生き物が。

◎2011.05/17に掲載したペットボトルによる

例年より早いカブトムシの羽化。 ウツギの花咲き出す。

◎例年カブトムシの羽化は6/下旬~7/上旬

コナラ実生苗4年目の間引き、枝打ち。益子焼の登り窯、復興へ向けて!

4年目に入ったコナラの実生苗、間引きと枝

クヌギ、ミズナラ萌芽更新

◎2010.12.21に、シンクイ虫が入り込んだ5

エゴノキ、ニセアカシヤの花咲き出す。

◎エゴノキの花(エゴノキ科エゴノキ属) 

コナラ、クヌギの育つ環境

コナラ、クヌギを育てるには、コナラ、クヌ

ペットボトルでスズメバチ捕獲器

ペットボトルの上部に8㎝角の穴を開ける。

里山の限られた生育環境でしか生存出来ないキンラン

ラン科の植物は、ラン菌根と呼ばれる、独特

ミズナラ、コナラ、クヌギの葉の観察

牛乳ホットで1年育てた苗木の、ミズナラ、

待ちに待った、新緑の季節到来

木々は柔らかい若葉に彩られ、まさに新緑の

クヌギの芽吹き。 ウラシマソウとマムシマムシグサ。

クヌギの芽吹きは、コナラより一週間位遅い

チゴユリの花と実。咲き誇る山吹。

◎白い可憐な花を付けるチゴユリ。 ◎チゴユ

コナラの芽吹き

ようやく、コナラ、クヌギの芽吹きの季節が

コナラ、クヌギの芽吹き直前の草木の花を楽しもう!

コナラ、クヌギなどの広葉落葉樹の芽吹き前

木々も芽吹き始め、山野草も次々咲き始めました。

木々と、山野草との自然の造形美を楽しめる

里山にもようやく春の訪れ!

2011年3月11日に発生した東日本大震災によ

越冬しているキイロスズメバチの新女王との偶然の出会い

立ち枯れしていたヤマグリの大木が、今年1

里山にも春の足音が!

この冬の寒さは、例年に比べて厳しかったで

春を告げる蝋梅咲き出す。 有機野菜栽培の土づくり。

立春を過ぎ、ようやく寒さも峠を越えたよう

食物連鎖を観察。コナラの幼木(丸3年木)に、コナラの樹液を吸うアブラムシのコロニーが

コナラの幼木に、コナラの樹液を吸っている

お正月の縁起物として使われた植物など

2011年、新たな誓いのもと、新春を迎え

シンクイ虫が入り込んだクヌギ、コナラ,ミズナラを萌芽更新

シンクイ虫が入り込んだ5年生の幼木を、今

有機野菜ー白菜、ヤーコン、ネギなどの収穫。まだ冬眠しないアカガエル。

今年の秋野菜の栽培は、猛暑の影響で、苗作

2010-11 定点観察。 今年の狂い咲き。

今年は寒暖の差が少なかった影響で、例年に

異常気象の影響なのか? マンサク開花と、ナラタケ2度目の大量発生

マンサクの花は、毎年2~3月頃の、寒さの厳

コナラ、クヌギ、ミズナラなどの落葉広葉樹を育てるには

コナラ、クヌギ、ミズナラなどの落葉広葉樹

晩秋の里山

里山の木々にも、ようやく紅葉の季節がやっ

篠竹を押さえ込む力、かばギボウシより強いヘビイチゴ。センブリ復活。

篠ダケを押さえ込むコバギボウシについては

自然の恵みと、秋の今

今年、秋の茸は大豊作のようです。現在再生

クヌギの成長記録。 秋を感じさせるカマキリの保護色。

クヌギの木は全て、ポットで2年育て、植樹

コナラ成育記録ー2010年度

コナラの、今年の成育状態記録です。◎萌芽

コナラ実生苗3年生の、間引きと枝打ち。 

コナラの実生苗の間引きは、今年300本程し

猛暑で山野草などにも影響が。 秋の有機野菜づくり

ようやく秋めいて来ましたが、今年の記録的

子供目線での、求められる雑木林のあるべき姿。今咲いている花

8月28日(土)皆伐再生3年目の雑木林で

皆伐再生で、元気で魅力ある落葉広葉樹の森を造ろう!

里山も、目的を持って行きたくなる様な魅力

篠竹を押さえ込むコバギボウシ開花

山野草の中で、コバギボウシが一番勢力範囲

3年目の下刈り ―  篠竹の繁殖を押さえ込む山野草

植樹して3年目の再生地、木の成長に伴い、

自然の恵みー絶品のしどみ酒

かつて、雑木林で簡単に採ることが出来たし

陽樹木クヌギの成長記録

 再生植樹地のクヌギの成長記録◎牛乳ポッ

陽樹コナラ、3年目の成長記録

コナラの生育環境による成長記録です。◎2

コナラ実生苗3年目の間引き、サイハイラン開花

今年は、再生地での密植しているコナラ幼木

植樹3年目でエゴノキが花を付ける

再生地には、40種類ほどの木々が育ってお

袈裟丸山での研修山行で、思いがけない光景が!

今年も、落葉広葉樹が果たしてる役割の重要

再生実験のシンクイムシ入ったクヌギの萌芽更新木

今年1月9日、シンクイムシ(コウモリガ)

牛乳ポットでドングリを育て、自分の森を造ろう!

◎ドングリの種類ドングリはブナ科のコナラ

新緑が眩しい、3年目を迎えた再生地の春。 定点観察

植樹と実生苗で再生した樹林地も、三年目を

コナラの芽吹き、3年目の今年はどの様な成長を見せてくれるか

再生地の草木は、健全な成長を見せてくれて

自然力を楽しもう! チゴユリ群生地,更に広がる

里山の再生は、樹木を若がえさせる事によっ

増えてきた再生地のしどみ開花

◎しどみ(学名クサボケ)は、雑木林の中で

再生地に、タチツボスミレが群生

◎再生樹林地で、一万本以上のタチツボスミ

コナラ、ミズナラ、クヌギなどのドングリの木を育ててみよう

(ドングリの育て方の前に、ドングリの語源

有機農法に拘った野菜づくり、帰化植物のハナニラが

今年も土づくりから、有機農法に拘った野菜

スズメ蜂捕獲器早めに設置、シュンラン開花

今年は、女王蜂を捕まえられればと、早めに

里山にも春の足音が!

◎ネコヤナギの芽鱗(冬芽の覆い)に守られ

チゴユリ群生地の落葉浚い、クヌギの虫こぶ観察。

チゴユリ群生地を更に広げようと、海道小全

森に対する意識改革と里山の役割

まもなく芽吹きの季節がやってきます。 海

身体にハンディキャップを持った方々が、心を込めて作り上げた着火材

社会福祉法人,藹藹(あいあい)会内にある

春の到来を待つ再生地と白鳥の初飛来

◎南東部より。 来年はこの写真の中に、マ

コナラの生育環境による成長記録

陽樹木のコナラは、生育環境により、成長の

シンクイムシが入り込んだクヌギの木を、萌芽更新で再生実験

今年の初仕事は、丸4年育てたクヌギの中で

ナツハゼの実での果実酒。ミニ門松。 

今年初めて実ったナツハゼ(ツツジ科スノキ

万両~一両まで揃えたいのだが。 ジャノヒゲの深青色の実

万両は“ヤブコウジ科ヤブコウジ属”のマンリ

落葉広葉樹の森を残そう! 牛乳ポットでカイワレ大根づくり

動植物多様性の為にも、落葉広葉樹の森を残

定点観察―里山の紅葉、ドングリ(コナラ)直播苗の成長記録

2年目の再生地の紅葉を、昨年と比べて見る

コナラの2年実生苗と2度咲きした今年の花

まる2年たったコナラの直播苗で、一番伸び

コムラサキと紫式部の実の付き方。マムシグサの実

コムラサキは多くの実を付け、10月中旬か

「那須の森」(仮称)自然観察会に参加

那須の御用邸1,200haの内560haが、宮内

里山の恵み、茸栽培を楽しもう! 可愛い蜘蛛が

椎茸の原木栽培(コナラ)コナラの切り株に

昆虫も恋の季節とヤマウドの花

草地を飛び回ったり、跳ね回ったりしていた

立ち枯れで静かに消え去るコナラ(植生の遷移)

コナラの木は、他の植物とこ競争には弱く、

木登りして日向ぼっこしているアオダイショウ、高みの見物?しているアマガエル

マンサクの木に登り、日向ぼっこしているア

昆虫採集が出来るまでにと、 ヤマジノホトトギスが満開に

今年は再生樹林地内で、昆虫採集が出来るま

再生地の定点観察を始めることにしました

ブログを始めて2年目に入りました。そこで

ヤマジノホトトギス(ユリ科)が咲き出しました

今年は、一千本以上に増えたのですが、増え

全ての葉を、食べられてしまったサンショウの木の行方は?

8月10日、アゲハの幼虫に、全ての葉を食

クヌギとニセアカシアの生長記録と、移入木(ニレノキ)の状況

◎クヌギ  ドングリから二年間牛乳ポット

先人がつくりあげた、世界に誇れる里山を残すには

人間が生きていく為に、つくりあげた里山(

ハチに刺された時の応急処置に、エピペンを用意しては!

ハチも子育てが始まり、山仕事でのハチの被

カサブランカの原種、山百合が開花

欧州人が、あまりにも美しいヤマユリを見て

広葉樹の萌芽・再生力

6月11日に、実生苗の間引き状況を掲載しま

コナラと杉の根の観察

① コナラ(根はごぼう根ー直根)    

ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)とヒルガオの花

見過ごされがちなジャノヒゲの花も、良く見

雨上がりの草地の中を、カエルの赤ちゃんが

今年は、去年よりも多くのカエルが、草地の

再生地に、新たに加わった山野草と山菜

クモキリソウ(ラン科)オオバギボウシヤマ

2年目のコナラ実生苗

今年、手入れ前のコナラ実生苗    手入

静かに進行する里山植生の遷移

このコナラの木は、樹高が25m位ですが、周

木釘として使われたウツギの木とサイハイラン

ウツギ(ユキノシタ科)の花ウツギの木は極

有機農法による野菜づくり

海道の林づくりを楽しむ会では、雑木林と道

いよいよ下刈りの季節が!

今、手刈りの植樹地では、タケニグサ、クズ

萌芽更新での出来事、及びコナラとミズナラの見分け方

萌芽更新中の、3年目コナラが、枯れてしま

手刈り管理の御褒美

ヒメシャガ雑木林の下刈りは、刈払い機です

生物多様性の為の雑木林の再生(環境づくり)

動植物の多様性のためには、どの様な環境を

二年目に発芽したコナラ

コナラの実生苗。  ドングリの実は地上に

早っ! コクワガタの成虫が

コクワガタの成虫が、汁液をなめている。コ

天然雑木林での観察会

栃木県塩原地区内にある安戸山は、多くの山

野生生物―子育て真っ最中

シマヘビの赤ちゃん (新之助ちゃんと名付

緑のダムをビオトープにて実験

山に降った雨は、山に草木が生えていること

里山を再生するにあたり・・・

里山の植生も自然と変化してゆきます。里山

里山の主役コナラ。

日差しを好む陽樹木、コナラの成長記録。萌

しまへびが草地の中を

シマヘビが草地の中を、楽しそうに?走り回

チゴユリのアップ写真

チゴユリが、薄日差す林床の落ち葉さらいを

チゴユリの群生地出現

山吹越しの再生地

山吹の奥が、コナラを主木とした再生地(1

なぜ、里山(平地林)を皆伐再生したの?

里山(コナラ、クヌギを主木とした雑木林)

クサボケ(しどみ)が開花

クサボケ(しどみ)の実を焼酎に漬けてつく

ハチ捕獲器

隣接する雑木林の中や小学校の校舎に去年は

椎茸栽培

山の幸の茸栽培は、つくって楽し、見て癒さ

山野草の故郷づくり

シュンランしゅんらんの群生地タチツボスミ

シュンラン咲き始まる

 管理地の雑木林で、一番早く咲きだすシュ

里山にも春の訪れが

 今月5日にルリタテハの成虫をを見かけま

山野草の現状

シュンランクサボケ(しどみ)今まで、雑木

今年の事初め

今年の初活動は腐葉土を畑へ運び出す事から

緑のダムのミニビオトープ

 森林の役割の一つに緑のダムと言う働きが

まだ冬眠しないの!

ニホンアマカエルがまだ冬眠せずに師走の林

小さな紅葉

今年、実生で育った一年生コナラの紅葉です

温暖化の影響?

今年は出てこないと思っていたなめこが、今

今年最後の山の恵み

紅葉も里山に下り始め、 まもなく里山にも

再生樹林地で

林づくりを楽しむ会”(財)グリーントラス

山の恵みー茸

ようやくクリタケが出始めました。11月に入

今年最後の山野草

山の恵み

舞茸の栽培を5年前からコナラの原木を沸騰

草地と昆虫など

海道樹林地では、皆伐再生地の下の森を山野

雑木林の現況

本格的な秋を迎え、林の中にはノアザミが咲

植樹地のコナラ

コナラのドングリが去年は久しぶりに大豊作

雑木林に咲く山野草

今皆伐再生している雑木林は、栃木県宇都宮

里山の再生

雑木林を何故再生する必用があるのか?初め

里山再生のブログを始めました。

はじめまして! 私は里山再生に燃えている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。