里山再生に燃える男のブログ

里山の皆伐再生を現在進めているところです。上の森(コナラ、クヌギなど)、と下の森(山野草)の調和とれた雑木林を目指しています。そして学習林、森林セラピーを果たせる森を作っていこうと思います。

Entries

緑に包まれた新ランドマークが東京都内に誕生

緑化率50%(屋上緑化も含めて)を超えた大規模複合再開発事業
「赤坂インターシティAIR」が、赤坂一丁目地区に今年9月29日にオー
プンしました。
東京都の外国企業誘致プロジェクト「アジアヘッドクオーター特区」や
政府が推進する「特定都市再生緊急整備地区」に指定され誕生した
そうです。
住職一体型の再開発に興味がありましたので早速行って来ました。
10年以上の歳月をかけて誕生した新ランドマークは、敷地面積1万
6千㎡と広大だが高層ビルは六本木道り側に寄せ、中央に5千㎡超
の公開空地を設け広い緑地を確保した、画期的な再開発事業では
ないかと感激すると共に、出来る事なら我が再生地の草木も仲間に
加えて頂けないかと言う思いに駆られました。
雑木林の再生を手がけるものとして、これからは再生地の利用の幅
を更に広げ、緑の果たす役割を多くの方々に理解して頂く活動の参
考にさせて頂こうと思っています。
歩道と敷地内がバリアフリーに。
2017-10-1赤坂 (320x240)
緑と水に囲まれたレストランと遊歩道。
2017-10-2赤坂 (320x240)
夏でも楽しく歩けそうな歩道。
2017-10-9赤坂 (320x240)
雑木林に囲われた住まいの様な住民の入口。
2017-10-5赤坂 (320x240)
無意識の内に緑地に吸い込まれてしまいそうな入口。
2017-10-4 (320x240)
中央の小高い緑地は、里山の雰囲気を醸し出す
  癒しの空間になっている。
2017-10-6 (320x240)
朝日を浴びた雑木林、ビルからの眺めも
  さぞ素晴らしいのではないかと思う。
2017-10-6赤坂 (320x240)






3回目7月以降に咲く花

山野草の女王ヤマユリ。
 今年は、50本程咲きました。日陰に芽生えたヤマユリを
 日向に移植し,少しでも多く咲かせて見ようと思っています。
 2017-7ヤマユリ (320x240)
コバギボウシ。
 数か所に群生
 2017-8-8コバギボウシ (320x240)
コバギボウシのアップ。
 花によって、色、筋模様の違いが面白い。
 2017-7-1コバギボウシ (320x240)
オオバギボウシ。
 10年前4~5本だったが、今年は50本を超えた。
 2017-7オオバギボウシ (320x240)
ヤマジノホトトギス。
 10年前2~30本程度しかなかったものが、現在一万本以上
 に増え、少し間引いている状態です。
 2017-9ヤマジノホトトギス (320x240)
ヤマジノホトトギスのアップ。
 2015-9-3ヤマジノホトトギス (320x240)
ナギナタコウジュの群生。
 2015-10-1ナギナタコウジュ (320x240)
ナギナタコウジュのアップ。
 2015-10アップ (320x240)
オトコエシ。
 2017-10 オトコエシ (320x240)
オトコエシのアップ。
 2017-10-1オトコエシ (320x240)
フジバカマ。
 2017-10-1フジバカマ (2) (320x240)
ヤブラン。
 2015-9ヤブラン (320x240)
リュウノヒゲ。
 2017-10リュウノヒゲ (320x240)
リュウノヒゲの実。
 実は紫色になる。
 2017-10リュウノヒゲの実 (320x240) 
オオバジャノヒゲ。
 2012-6オオバ (320x240)
ハゴロモルコウソウ。
 ハゴロモルコウソウはマルバルコウソウとルコウソウの
 交雑種
 2017-8ハゴロモルコウソウ(320x240)
ネジバナ。
 2017-8ネジバナ (320x240)
ルツボ。
 2017-9ルツボ (320x240)
フジウツギ。
 2016-7フジウツギ (320x240)
ノアザミ。
 2017-9ノアザミ (320x240)
ムラサキカタバミ。
 2017-6ムラサキカタバミ (320x240)
アキノノゲシ。
 2017-9アキノノゲシ(320x240)
ユウガギク。
 2017-8ユウガギク (320x240)
ヤブミョウガ。
 2017-8ヤブミヨウガ (320x240)
ヤマウド。
 2017-9ヤマウド (320x240)
キツネノマゴ。
 2017-10キツネノマゴ (320x240)
イヌダテ。
 2017-10ハナ (320x240)













 


落葉広葉樹の森、皆伐再生10年の歩み!

 2回目は野草編です。
 最初はスミレー12種類のスミレを確認しました。
アオイスミレ
 スミレの中で一番先に咲き出します。
 2013-3-1アオイスミレ (320x240)
コスミレ
 2013-3-2コスミレ (320x240)
タチツボスミレ
 群生して咲くタチツボスミレスミレ
 2012-4-3 (320x240)
タチツボスミレの花
 2013-3-2タチツボスミレ (320x240)
マルバスミレ
 2013-4 -3マルバスミレ (320x240)
ヒゴスミレ
 2012-4ヒゴスミレ (320x240)
 ヒゴスミレの葉、5列に分かれているように見えるが
 よく見ると3列ーエイザンスミレとの違いが判る
 2017-6ヒゴスミレの葉 (320x240)
オカスミレ
 2013-7oオカスミレ (320x240)
ニオイスミレ
 2015-4ニオイスミレ (320x240)
ノジスミレ
 2013-3ノジスミレ (320x240)
ツボスミレ(ニョイスミレ)
 2013-5-1ツボスミレ (320x240)
 アリアケスミレ
 2013-4-1アリアケスミレ (320x240)
フモトスミレ
 2013-3フモト (320x240)
名前不詳(何の交雑種?)
 2013-4-6 (320x240)
 スミレ以外に春に咲く山野草
 タチツボスミレの群生のピークは2011~12年
 2013年になるとヘビイチゴが入ってくる
 その後はどちらも樹木の成長で日差しが少なくなると
 日差しを求めて移動し始め、今、再生地にチゴユリが、
 伐採地にタチツボスミレが入れ替わろうとしている所です。
タチツボスミレに入り込んだヘビイチゴ
 2012-4スミレとヘビイチゴ (320x240)
ヘビイチゴの実
 2017-5ヘビイチゴの実 (320x240)
チゴユリ
 2013-4チゴユリ (320x240)
チゴユリの花
 2013-4-1チゴユリ (320x240)
シュンラン
 2015-3シュンラン (320x240)
シュンランの花
 2016-3-1シュンラン (320x240)
ニガナ
 2012-5二ガナのアップ (320x240)
カキドウシ
 2012-4カキドウシ (320x240)
レンリソウ
 2017-5-1レンリソウ (320x240)
ムラサキケマン
 2012-4ムラサキケマン (320x240)
ホトケノザ
 2016-3ホトケノザ (320x240)
オオジシバリ
 2017-5オオジシバリ (320x240)
カタバミ
 2017-5カタバミ (320x240)
ムラサキカタバミ
 2017-6ムラサキカタバミ (320x240)
キンラン
 2016-5キンラン (320x240)
ササバギンラン
 2012-5ササバギンラン (320x240)
エビネ
 2012-5エビネ (320x240)
ショウジョウバカマ
 2013-3ショウジョウバカマ (320x240)
ホウチャクソウ
 2012-5ホウチャクソウ (320x240)
マムシグサ
 2014-4マムシグサ (320x240)
ウラシマソウ
 2012-4マムシグサ (320x240)
クサノオウ
 2013-4クサノオウ (320x240)
アメリカフウロ
 2017-5アメリカフウロ (320x240)
ハルニレ
 2017-4ハルニレ (320x240)

 次回は7月以降に咲く花を掲載しようと思います。



 






 






左サイドメニュー

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

宇都宮天気予報

広告

QRコード

QRコード